開運ライフ PR

不運続きの時にはどうすればいい?断ち切り方のヒントも紹介!

不運続きの時にはどうすればいい?断ち切り方のヒントも紹介!
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
Pocket

今回は不運続きの時にはどうすればいい?断ち切り方のヒントも紹介!と言うテーマでお届けします。

あなたにとってのこの一年はどんな年でしたか?

昨年末に『来年の今頃はこれを成し遂げているぞ!』と思い描いた事は達成できていますか?

正直に言うと、私自身はそうなれておりません。

今年こそは挑戦の年!と意欲満々でスタートしたはずが空振り空回りで不運続き。

色々と迷って試行錯誤を繰り返す年でした。

年末を前に今、来年こそはと来年を待つのではなく今すぐ行動!

色々と頭を整理しながら自分自身の不運断ち切り宣言をしたいと思います。

もし私と同じ様な状況で共感される方がいたら、少しでもヒントになれば嬉しいです。

では、不運続きの時にはどうすればいい?断ち切り方のヒントも紹介!

最後までお付き合い下さい!

不運続きの時にはどうすればいい?

不運続きの時にはどうすればいい?断ち切り方のヒントも紹介!

この様なテーマは、既にスピリチュアル系の方々が取り上げられているとは思いますが、ここでお話しするのは私自身のアウトプットの様なものです。

そもそも不運とは何?なぜ起こる?

私自身も半世紀以上人生を歩んできた中で、色々な壁にぶつかりまくってきました。

その壁を乗り越えるためには自分の精神性を高める必要があるのだと、自己啓発的なものやスピリチュアル的な話を沢山読み聞き学びました。

不運の捉え方としては

  1. 世の中にはただの現象があるのみなのでそれを不運ととるのは自分自身。
  2. 全てに意味がある。そこから何を学ぶかが真に問われている。
  3. 不運や不幸はその後の幸運の前兆サイン。
  4. 何事もポジティブに捉える。ネガティブに捉えると負のループに陥る。
  5. 神様は乗り越えられない試練は与えない。←そもそも生まれる前から私たちは今回の課題を自分で決めてきているらしい。

まだまだ色々出てくるのですが、どうやら不運とは人が学び成長する必須事項で人生そのものが障害物レースらしいです。

とは言え、人生において望まない事が次々に降りかかり、再起不能と思われる事態に直面する事は無い方が望ましいですよね。

自己啓発で学んだ対処法

自己啓発はとても役に立つとは思うのですが、うまくバランスが取れないと全てを自分のせいと思う事で自分自身を追い込んでしまうことがあります。

更に例え不運だと思う様な事が起こったとしても、あくまでも学びの為でありがたいと自分に言い聞かせる様にもなりました。

でも、抑え込んできたものが上手に発散解消されずにいるとやはりいつかは爆発します。

私の場合は肌がガサガサになってファンデーションなど全く塗れない状態になったり、円形脱毛症になったり精神的にもかなり参ってしまいました。

自分の精神性を高める為と言いながら、体調不良になったり息詰まる状況を作っていたら、かえって負のループを起こしてしまうので要注意です。

どうすればいいのか?

  1. 自分を追い込まない。
  2. 時が解決してくれることも多いので焦らずに待つ。
  3. 自分自身を癒す。
  4. 楽しい事を見つけて沢山笑う
  5. 開き直る。
  6. 心が落ち着く場所に行ってみる。
  7. 全てに感謝する。

全てが自分のせいだと思うとそのうちに疲弊してきます。

我慢せずに時には泣いたり怒ったり、そんな事もあって当然なんだと思うと少し気が楽です。

吐き出してしまうと一気に気持ちが落ち着いて、何であんな事で悩んでいたんだろうと思えるかもしれません。

開き直ると言うのは決して投げやりになるのではなく、事態を受け入れると言う事です。

『不運とか不幸とか思ってはいけない!』と頑張らずに不運だと認めてしまう!。

渦中にいると視野が狭くなりがちで、少し客観的になるだけで解決方法が見えてくる事もあります。

自分が好ましい出来事も沢山あるし起きて欲しくない事も沢山あるのが人生。

陰陽、マイナスプラス、山あり谷あり・・最終的にはバランスが取れるのだそうです。

不運続きで辛い時こそ、あえて好きなことや楽しい事を見つけて沢山笑う事をお勧めします。

癌患者さんが大声で笑って明るく日々を暮らしていたら、何と癌細胞が消えた!と言う話も聞きますね。

そして、自分を責めずに誉める事も大切です!

何故なら自分自身が一番の自分の味方だから。

そして、常にありがとうと感謝します。

言霊の国日本とは言われますが、良い言葉を沢山耳にすると自然に気持ちも豊かになります。

 

不運の断ち切り方のヒントも紹介

不運続きの時にはどうすればいい?断ち切り方のヒントも紹介!

実際不運続きの時に、その不運を断ち切る方法はどんな事でしょうか。

私自身の体験から、不運を断ち切るヒントになるかもしれないと思う事をシェアしたいと思います。

不運を断ち切る覚悟を

まずは決断、そして覚悟です。

今の不運を嘆いていても解決策は見出せません。

まず、この状況から必ず脱する!その覚悟をします。

覚悟を決めるとその先何をするべきなのか、視界がきっと見えてきます。

家の模様替えをするなど環境を変える

自宅でくつろぐ事ができていますか?

狭い広い、古い新しいなどは別として、自分がほっと休める場所となっているでしょうか。

模様替えをする事で気分が変わり、運の向きが変わるというのは実際ある様です。

風水を取り入れる

風水と聞くと一種のおまじないや占いという印象を持つ方が多いと思うのですが、実際は4〜5千年前に中国で発祥した環境哲学・統計学なのだそうです。

気の流れをいかに良くするかを物の位置などによって取り入れ、人々の暮らしをより良いものにしていくという思想であり、都市や家を建築していく際の秘術だと言います。

私は家族の問題や経済的問題など、解決しようと努力する事がことごとく改善されず、寧ろ状況は悪くなるので悩み続けていたところ、開運体質を作る風水というものに出会いました。

今回、あなたの不運を断ち切る為にシェアしたいヒントというのがこの風水です。

以前少し齧った風水というもので、黄色のお財布が金運を呼ぶというのを知り、黄色のお財布を求めたことのある私は、大体またそういう内容なのだろうと思いました。

でも、その考えが翻される全く想像していない内容なので、是非シェアさせてください!

 

家相と九星気学を取り入れた7つの覚醒風水学

7つの覚醒風水学は、一級建築士の谷口利治さん風水に家相と九星気学を取り入れたものです。

一時期風水にも興味があった私の知識内では、きっと掃除と断捨離の推奨にアイテム購入の話だと思い込んでいました。

ところが、谷口さんのお話は全く想像していなかった内容なのです。

波動を上げたり掃除をしたり引っ越しもアイテムも必要なく、今の状態で風水を取り入れる事で自分自身が開運体質になれると言われるのです。

通常一般論的に何が良いかと紹介される風水ですが、谷口さんの風水は生年月日に照らし合わされるので、一人一人への対応が違います。

何と谷口さんご自身も驚いた事にずっと『不幸の総合商社』だったそうなのです。

でもこれを実践する事で、開運体質となり効果を実証されています。

一級建築士として大手建築会社で勤務されていた頃は、風水など全く必要ないと思われていたそうなのですが、『本物の風水』との出会いでその考えも一転したそうです。

私自身が思い切って相談したところ、今の家に引っ越した時期や玄関の位置に問題があった事が発覚しました。

でも、玄関の位置は変えられませんし引越しもできません。

それでも、谷口さんの『大丈夫ですよ』の言葉に安堵し望みの光が見えてきます。

決して壺を買って拝むとかではありません。

基本的に何かを買ったりせずに解決方法を探し出してくださるのです。

今は一つ一つご指導を受けながら改善できる事に取り組んでいます。

まずは素直に今の境遇を不運続きと認め、変わると言う覚悟と決断をする!

その覚悟の重要性も谷口さんのお話を伺って実感しました。

これから実際体験していく上での変化などもお伝えする機会を作って行きたいと思っています。

 

不運続きの時にはどうすればいい?断ち切り方のヒントも紹介!まとめ

不運続きの時にはどうすればいい?断ち切り方のヒントも紹介!

今回は、不運続きの時にはどうすればいい?断ち切り方のヒントも紹介!というテーマでお届けしました。

来年の今頃は不運続きを脱してきっと晴れ晴れした気持ちで2024年を迎えようとしているはず!

そんな一年後をイメージしつつ、それなら来年を待たずに今できる事を即始めなければと思いました。

不運の対処法を頭の中を整理した上で、今実際私が実践中の7つの覚醒風水学の話に触れました。

もし、今私と同じ様に色々悩み苦しい日々を送っているとか、この7つの覚醒風水学に興味を持たれた方は、思い切ってまずは谷口利治さんと繋がってみて下さい。

とっても気さくで温和な方でほっとされると思います。

特に、私の様に自己啓発やスピリチュアル色々と試してみたものの結果が出ずに彷徨い続けている方には是非お勧めします。

近々この覚醒風水学に関する本の出版が決まっていて、何と3日間だけ無料で全内容をダウンロード出来る企画があり、その案内も受け取られるそうです。

因みに、ご本人の許可をいただいて紹介させていただいていますのでご安心下さい。

2022年が良い年であった方もそうでなかった方も、2023年は思い通りの年となりますように。

私を含めて今不運続きと感じる方は、この不運を断ち切ってより良い明日を築いていきましょう。

大丈夫、全ては良くなります!

最後までお読み頂きありがとうございました。