エンタメ PR

Netflixメーガン妃のアニメ“パール”は何故中止?予告から伺える内容も紹介!

Netflixメーガン妃のアニメ“パール”は何故中止?予告から伺える内容も紹介!
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
Pocket

2022年5月1日に、アメリカの大手動画配信会社のNetflixが、メーガン妃の手掛けていた子供向けアニメ“パール”の制作中止を明らかにしました。

英国の王室離脱により世界中をに賑わせたヘンリー王子とメーガン妃夫妻は現在暮らしているアメリカのエンタメ界に進出。

夫妻が揃って『アーチウェル』と言う制作会社を立ち上げています。

2020年9月にはNetflixとの大型契約を結んだ事も発表され、子供向け番組制作提供も企画されていた中にこの“パール”と言うアニメシリーズがあり、メーガン妃が手がけると言うことで注目されていました。

それが今回の突然の制作中止の発表!

一体何があったのか、そしてそのアニメシリーズはどんな話の予定だったのか、ちょっと探ってみたいと思います。

 

Netflixメーガン妃創作のアニメ“パール”は何故中止?

今回の発表によると、一番の原因はNetrlix側が打ち出した経費節約の為という事の様です。

どうやら経営不振の様子。

以下は、世界最大の経済ビジネス専門チャンネルである米CNBCによる報告から:

今年の第1四半期、創業以来初めて契約者数が減少し株価も25%を下がったことで、新作の計画変更を余儀なくされ予定されていた数本の制作中止を決定するに至った。

これまでのような大量のコンテンツを製作し続ける姿勢を見直しにかかっているとも言われています。

そして、今回の数本の制作中止の中にメーガン妃の手掛ける“パール”も含まれていたと言う事だそうです。

となると、その影響を受ける制作会社は他にも出てくる可能性があると言う事ですね。

 

Netflixとアーチウェルの交わした契約

ヘンリー王子・メーガン妃夫妻の運営する会社『アーチウェル』は、2020年9月にNetflixと同動画配信サービスをはじめとして、ドキュメンタリーや映画などの制作に約170億円(1億5千万ドル)とも言われる破格の複数年契約を結んだことで大きな話題となりました。

この子供向けアニメシリーズ“パール”はNetflixでの配信第一弾と言われ、2021年の7月にアーチウェルのメディア制作部門であるアーチウェル・プロダクションからも公式のプレスリリースが発表されました。

直接メーガン妃の作品に対しての思いがコメントされています。

Netflix側のオリジナル・アニメーション・ディレクターのミーガン・ケイシーも、「このアニメシリーズが歴史とファンタジーを織り交ぜた刺激的なストーリーになる」と期待を寄せていました。

今回の制作中止、楽しみにしていた多くのユーザーががっかりしたのではないでしょうか。

Netrlixは今後もアーチウェルとの関係を維持していくことを強調し、現在も「パール」以外に進めているプロジェクトの存在を認めています。

 

“パール”以外の現在進行中の制作プロジェクトとは?

ここで言われている現在進行中のプロジェクト数本のうちの一本に当たるのがこの“パール”の公式制作発表の際に明らかにされていた『Heart of Invictus(原題)』かと思います。

2022年に開催の「Invictus Games The Hague 2022(訳:負傷した退役軍人や現役軍人によるスポーツ大会)」に向けて、選手たちのストーリーを紹介するドキュメンタリーシリーズとされていました。

当初からそれぞれの具体的な配信予定日は未定とされたままでした。

果たしてこちらは実現されるのであるか、動向を見守りたい感じです。

 

制作中止の理由はNetflixの経営不振からの経費節約だけ?

ここで、ちょっと気になる過去のニュースを振り返ってみたいと思います。

実は、Netflixの後に続いて2020年の12月にはSpotifyとも契約したアーチウェル。

報道によると契約金は約28億円(2千5百万ドル)だそうです。

ヘンリー王子メーガン妃夫妻はそのコンテンツ制作のためにアーチウェルにオーディオ部門も設立し、番組内での共通する価値観を広めていくという声明も出していました。

しかし、Sportify側は2021年内に最初のシリーズの配信を終わると言う計画でいたのに対し、アーチウェルオーディオは声明発表直後に33分の公開をした後配信は途絶えたままだったのです。

焦りを感じたSportify側がアーチウェル番組制作の短期サポートスッタッフを募集すると言う事態に踏み出した様です。

それと同様の動きを見せていたのがNetflix!

配信の公式発表がされたもののアニメは完成されておらず、Netflixの人事担当者がインスタグラムで求人広告を投稿したと言う事実があります。

実際にメーガン・マークルのプロジェクト“パール”のプロダクションデザイナー募集と明記されています。

実際に今どの段階まで制作が進んでいるのかも明らかではありませんが、こうなるともしや予定通りに制作が進まない事にNetflix側が痺れを切らしたと言う事もあるのではないかと言う疑いも脳裏をよぎってしまいます。

Twitter上では、期待するほど面白くないと言うことではないかと言う声も聞かれますが・・。

果たして、“パール”が何らかの媒体から公開される日はやってくるのでしょうか?

 

“パール”の予告から伺えるシリーズ内容を紹介!

では、この子供向けアニメシリーズとされた“パール(原題Pearl)”とはどの様な話なのでしょうか?

主人公はパールという名の12歳の女の子。

公式発表のプレスリリースにてメーガン妃の作品に関してのコメントを引用します:

“物語の主人公であるパールは同年代の多くの女の子と同様に、日々困難を乗り越えようとしながら自分探しの旅を続けています。アーチウェル・プロダクションズがNetflixという強力なプラットフォーム、そして素晴らしいプロデューサーたちと協力して、歴史上の素晴らしい女性たちを称える新しいアニメシリーズをお届けできることに胸が躍るような気分です。”

この部分だけでも何だか興味深くなりませんか?

主人公のパールが日々の困難に立ち向かう際に歴史上の偉大な女性たちに出会い、インスピレーションを得たり影響を受けながら解決し成長していくという冒険物語なのだそうです。

子供向けアニメーションというだけでなく、家族向けの内容を目指しているというものでした。

前述のNetflixアニメーション・ディレクター、ミーガン・ケイシーの言葉にも、歴史とファンタジーを織り交ぜた刺激的なストーリーとありました。

実は、このパールはメーガン妃本人がモデルなのではないかと言う説もあります。

1896年創刊のイギリスでもっとも古いタブロイド紙であるデイリーメールによると、メーガン(原語Megan/Meghan)はウェールズ起源の名前でその意味はパールだとの事なのです。

果たしてご自身がモデルかどうかの信憑性はわかりませんが、女性の自立支援や女子教育普及といった女性の地位向上の運動に携わってきたメーガン妃なので、このアニメシリーズにいったいどんな思いを込められていたのかが注目されていただけに、やはり今回の制作中止の発表は残念でなりません。

 

“パール”のプロデューサーはデヴィッド・ファーニッシュ

制作にあたり、プロデューサーを任されていたのはデヴィッド・ファーニッシュでした。

この人物は、エルトン・ジョンの旦那さんです。

彼は最近の映画では名探偵シャーロック・ノームズやロケットマンのプロデューサーとして知られています。

かつてメーガン妃は彼女とデヴィッド共に、この特別なアニメシリーズを世に送り出す事を切望していたと語っていました。

今の心境はいかなものでしょうか。

 

Netflixメーガン妃創作のアニメ“パール”は何故中止?予告から伺える内容も紹介!のまとめ


今回は、メーガン妃創作のアニメシリーズ“パール”をNetflixがなぜ中止にしたのかに注目してみました。

楽しみにしていたユーザーからしたら本当に残念な事です。

それに、何よりも巨額の契約を結んだのに番組が1つもできないというのは企業として大問題ですよね。

この制作中止の理由としてNetflix側の経営不振が言われる裏に、果たしてヘンリー王子とメーガン妃の運営会社アーチウェルの制作遅延に痺れを切らしたと言うことがあるかどうかはあくまでも想像でしかありませんが、今後の動向に注目していきたいと思います。

以上、Netflixメーガン妃創作のアニメ“パール”は何故中止?予告から伺える内容も紹介!をお届けしました。