社会ニュース PR

アベノマスク30万枚が再資源化の処理に?布製マスク配布は政策としてどうだったのか残る疑問!

アベノマスク30万枚が再資源化の処理に?布製マスク配布は政策としてどうだったのか残る疑問!
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
Pocket

2022年8月15日のニュースの中に、アベノマスクが30万枚余り再利用へ回すという内容のものがありました。

こういう国民が知るべきニュースはあまり深く追求されずに消えていく気がするのは気のせいでしょうか。

今回はアベノマスク30万枚が再資源化の処理に?布製マスク配布は政策としてどうだったのか残る疑問!というテーマで考えます。

再利用するための再資源化の処理というと言うと聞こえは良いのですが、燃料のためのという事は結局焼却処分という事だと国民は理解しています。

その処理にも相当な費用がかかるわけで、配布当時から色んな物議を醸し出してきたこのアベノマスクは政策として何を残したのか疑問です。

 

アベノマスク30万枚が再資源化の処理に!

政府が8月15日に閣議決定した答弁書によると、安倍元総理が新型コロナ対策として調達したいわゆる“アベノマスク”について、配送可能な在庫はおよそ7100万枚あったそうです。

その在庫を保管するだけでも昨年の3月の時点で既に6億円がかかっていたと言います。

その後希望者を募り無料配布という方法も取りましたが、その送料にも当然費用がかかるわけで、野党からの『税金の無駄遣い』という批判もその通りという気がします。

岸田首相は昨年末に、年度内に希望者に配布した後残りを廃棄処分すると表明していましたが、希望を募ったところ7100万枚に対して2万9000万枚ぶんもの応募があったそうです。

中にはマスクとしてではなくガーゼとしてや別の使用目的のものも多く見られました。

それでも受取人不在などで余った在庫が60万枚程あり、そこから更に行政自治体などに配った残りが30万枚と言うことでした。

政府はこの30万枚を燃料に変えて再利用するための再資源化の処理をしたという発表です。

 

布製マスク配布は政策としてどうだったのか残る疑問!

当初マスク不足が深刻な問題でした。

マスク不足が政権を揺るがしかねなず、『このままの状態が1ヶ月以上続くと政権が持たない』という状況下で発案されたのが全世帯へのマスク配布だったわけです。

市場で不織布製マスクは不足して手に入らなくなっており、その中で布製にすれば洗って使うことができるので国民の不安を解消することができると思われて発案に至ったそうです。

ただ、このアベノマスクは当初からトラブルが絶えませんでした。

届いたマスクに不良品が多かったのです。

その後はあらためて検品を必要としたため配布は予定よりかなり遅れました。

 

マスク配布で助かった声も

 

布製マスクでの予防は期待できていたのか?

ここで一つ疑問なのが、いくら不織布製が不足しているとはいえ、布製マスクの予防率というものも問われ始めていた上にどうもサイズがしっかり口を覆う程大きくない・・。

配られた当初からする意味があるのかとか一世帯に二枚もらっても・・とか、残念ながらありがたみよりももらって困るという反応が目立ちました。

それでも、当時の菅官房長官曰くは、『多くの批判は承知しているものの、ありがたかった助かったという声が多かったのも事実で、何度でも洗えて活用していくことができるマスクの配布は十分意義のあるものだったと思う』としていました。

しかしコロナ予防の点から言うと、布製マスクの予防度は不織布製に比べると自分から相手に対してウイルスを与える率も相手から自分が受け取る率も高いとされていました。

イタリアでは一定の場所では不織布製のいわゆるサージカルマスク(医療用マスク)ですら有効性が低いとされて立体型のFFP2と指定されていたくらいなのですが。

そしてまた、配られたアベノマスクはその後本来のマスクとしてではなくガーゼとしてやダスターとして、リメイクして幼児のスタイやおむつかぶれパットなどに利用されているという調査報告もあり、そうなるとどうしても税金の無駄であった事を認めざるを得ないという気もします。

 

アベノマスク30万枚が再資源化の処理に?布製マスク配布は政策としてどうだったのか残る疑問!まとめ

コロナのパンデミック禍の様な時には、国民の意識が一定の方向に向けられている間に別の肝心な事がうやむやになる現実が起こりやすい気がしています。

もちろん緊急事態下においては機敏に最短で的確な判断を下し、国を引っ張っていく事も必要です。

とはいえ、税金の使い道を知ることは国民の義務であり、結果として『無駄遣い』となった可能性があるのであれば政府として国民へのしっかりした説明は必須だと考えます。

検証すべき点はしっかり検証し過ちを認めない限り、また同じ様な事を繰り返す可能性がある・・。

アベノマスク30万枚が再資源化の処理に?布製マスク配布は政策としてどうだったのか残る疑問!

政府の透明性のある対応が求められます。